任意整理 メリット

任意整理のメリットとは

任意整理を検討する上で費用等も気になりますが、任意整理のメリットもかなり気になりますよね。

 

 

更には、任意整理のデメリットも気になるところだと思います。

 

 

そこでこのページでは、任意整理のメリット、そしてデメリットを、これから債務整理の手続きをしてもいいんだろうか?と検討してるあなたへ詳しく分かる様にお伝えします。

 

 

借金の返済が難しくなってきたら、いち早く解決すべきなのですが、いざ任意整理となると、ブラックリストってどんなものなんだろうか?とか、裁判するのは大変なのではないだろうか?とか離婚とか婚約解消とか、会社をクビになるのではないのか?とか社会的に大きな制裁があるのではなかろうか?とかいろんな不安が錯綜します。

 

 

ですが安心して下さい。

 

 

任意整理はメリットとデメリットがもちろんありますが、結論から言うとメリットの方が大きいですし、得られるメリットに対してデメリットを考えると、デメリットを気にしてやらない方は居るんだろうか?と思ってしまう程メリットの方が大きいです。

 

 

任意整理のメリット

・ヤミ金はもちろんの事、全ての借り入れ先の督促が着手して貰った途端に取り立てや電話督促が。ストップします。
・あなた対業者さんでは話し合いできなかった支払いも、弁護士さんが介入する事で話し合いができます。
・今までの返済ばかりの日々から、あなたの人生を再建できます。
・家等を売る必要も無く、財産を守って貰えます。
・官報に載りません。

 

任意整理をすると上記を始めとしたメリットがあります。

 

 

個人でも任意整理をする事は非常に難しく、まず不可能だと思ってもらった方が良いです。

 

 

任意であなた対債権者で話ができる位ならとっくにあなたの借金の支払いは解決してるはずです。

 

 

返済のスピードを遅くして欲しい、今まで払い過ぎた分を返して欲しい等借入れ先の会社があなたのお願いを、あなたが話をして聞いて貰える訳が、無いからです。

 

 

その為、安全に早く、そして手間をかけずに安く解決するなら、法律のプロである弁護士さんや司法書士さんに頼むのが一番良いです。

 

 

弁護士さんと司法書士さん、どっちに頼もうか?と悩まれると思いますが、費用的には弁護士さんに頼んでも、司法書士さんに頼んでもほとんど変わらないです。

 

 

ただ司法書士さんは、140万円以上の債務、多重債務に関しては、司法書士さんではダメだという裁判事例が出ていますので、あえて弁護士さんに頼まず、司法書士さんに頼むメリットがありません。

任意整理とは、詳しく解説

まずあなたが任意整理を検討してるなら、任意整理の中身を少し把握した方が良いです。

 

 

任意整理は、任意で業者さんと話し合いをして返済を少なくする方法です。

 

 

自己破産等と違って、借り入れ金額がゼロになる訳ではありません。

 

 

ですが、弁護士さんが任意整理をするとまず業者さん側からすると、過払い請求に応じなかった場合や、相談をすると言ってるのに、相談に応じない場合、裁判をされる恐れが多いにあり、業者さんが弁護士さんを立てるにしてもそこに費用が掛かってしまう為に非常に嫌がります。

 

 

弁護士さんの提案に対してあれこれ言って応じない姿勢で対抗するより、弁護士さんの提案に応じる方が業者さん側にとっても金銭的、時間的、労力的リスクが少ないのです。

 

 

ですからほぼほとんどの業者さんが、弁護士さんの任意整理に、もちろん双方相談の上ですが、応じる事になります。

 

 

任意整理の手続きに着手してもらうと、今まであれだけ督促されていたのに、という電話や封書、自宅や職場への訪問が一切なくなります。

 

 

また、債務整理で自己破産したりした場合は、家や車等の財産を売らなければいけない様になる事がほとんどですが、任意整理の場合は、裁判所で裁判をしてる訳ではありませんので、家や車を差し押さえされてしまったり売却されてしまったりする事もありません。

 

 

財産が残るというのが、任意整理のメリットです。

 

 

また、あなたが借入をしてる業者さんをあなたが判断して選ぶ事ができます。

 

 

例えば、このカードだけは使える様にしておきたいから、債務整理をせずに、他を債務整理したいという事が可能になりますので、債務整理の時と違って融通が利きますし、一気にどこからも借りれない状態になる訳ではありませんので、弁護士さんに着手して貰った後も大きく不便を感じる事が無くなります。

 

 

更には債務整理の場合だと裁判所を通す為、一部大きなお金を触る業務をする警備員や士業に携わる方の場合、仕事を辞める必要が出てきます。

 

 

しかし任意整理だけは、裁判所を通してる訳ではありませんので、仕事を辞める必要も制限がかかってしまう事も全くないのです。

 

 

そして、官報にもあなたが借金返済の法的手続きをしたという事が載りません。

 

 

更には支払い過ぎていた場合、返金されるケースが多々あります。

 

 

これが弁護士さんに依頼した際に、あなたが得られるメリットです。

 

 

任意整理のデメリット

任意整理のメリットばかりではなく、もちろんデメリットもありますが、デメリットに関しては、このページの冒頭でお伝えしたようにメリットとデメリットを天秤にかけた時、デメリットの方が圧倒的に少なく感じられると思います。

 

 

一応、デメリットをお伝えしますと、弁護士さんに相談した際、破産する訳ではないので、法廷金利から利息制限法に引き直した金額で残債を計算し、予定よりも長い期間で返済して行けるように話が勧められます。

 

 

ですので、借金の月々の返済金額が少なくはなりますが、自己破産の様に帳消しになる訳でうはありませんので、任意整理で和解が成立した後は、返済の金額が大幅にダウンはしますが、完済する迄払う必要があります。

 

 

もう一つ言いますと、信用情報機関がいくつかありますが、信用情報機関のデータに任意整理をした事が掲載されます。

 

 

この掲載期間は約5年。

 

 

5年間は新たな借り入れ申請が難しくなります。

 

 

ですが、5年を過ぎると信用情報機関にあなたが任意整理をしてるという情報が消えます。

 

 

これがデメリットです。

 

 

メリットとデメリットどっちの方が大きいかというと、メリットの方が大きい事がお分かり頂けると思います。

 

 

その為今この任意整理は、社会的な制裁もほぼ無い、しかも支払いは楽になる。

 

 

場合によっては過払い請求ができるという事で、任意整理を弁護士さんに依頼される方が、圧倒的に多いのです。

任意整理の最中、車のローンはどうなる、また任意整理後はローンを組めるの?

任意整理をすると今組んでる車のローンはどうなるのかというと、任意整理を弁護士さんにお願いする訳ですから、あなたが車のローンを支払っていらっしゃる最中であれば、まず毎月の返済額も少なくなりますし、利息も減ります。

 

その間車は返却しないといけません。

 

車の所有権はローン会社だからです。

 

 

だけど中には、苦労して乗れる様になったお気に入りの車の場合もあるでしょうし、車に愛着を持ってて、絶対に車だけは手放したくないという場合もあると思います。

 

 

ここが任意整理のメリットでもあるのですが、その場合は車のローンを返済してる任意整理の会社は任意整理から外して今まで通り支払うと良いです。

 

 

車を取っておいたが良いか、もう諦めて売却するか、車に乗り続けるかはあなたが決める事なのですが、特に強い愛着が無い場合は思い切って、一度手放す方があなたの任意整理の後の返済も楽になって来ます。

 

 

どのみち一度手放しても、任意整理で借金が返済できた後、また1から出直せば言い訳ですから、またチャンスは訪れます。

 

任意整理後は車のローンが組めるのか

任意整理の場合は5年で任意整理をしたという情報も消えますから、任意整理をした車のローン会社以外の会社なら、また審査に通る可能性が出てきます。

 

 

これが任意整理の大きなメリットでもあるのですが、情報機関に任意整理をしたという情報が残ってる間は審査に通る事が難しくなりますが、情報が消えた後は、任意整理をしたローン会社や、前に任意整理をしたローン会社の子会社のローン会社とか特別なつながりが無い限り、あなたが任意整理をしたという情報は分かりませんので、審査に通ります。

 

 

5年という年月はこれからの方には、5年かぁ、長いなぁと感じられるかもしれませんが、終わってみたら一瞬ですので、今のまま返済が苦しくて、窮地で四苦八苦しながら返済を無理矢理続けるよりも、任意整理をする方があなたの今後の人生は色んな規制を取っ払うほうが任意整理のメリットの方が大きいかと思います。

任意整理のメリットは分かったけど、できない事ってあるの?

任意整理のメリットが分かったら、かなり任意整理をやる方向で意識が傾いていらっしゃると思うのですが、もしかして任意整理すらできなかったら、キャッシングしてる所や、クレジットカードの支払いは、この状態が当分続くのでは?と不安がよぎりますよね。

 

 

その問題を解決する為に、任意整理ができない場合をお伝えして行きますので出来ない場合を把握なさってみて下さい。

 

 

5年以内に完済できるかどうか

あなたが借り入れした会社に対して、任意整理をする際、一番最初の借り入れから、あなたが支払った金額を計算し、また利息も法定利息ではなく、利息制限法に基づいた低い利息で計算しなおされ、借り入れした金額から支払った金額をもう一度引き直して残りの元金を計算します。

 

 

その残債に対して5年以内の期限で、分割払いで返済できるのかとうかが鍵になって来ます。

 

 

もちろん多くの貸金業者は早く回収したいので、できるだけ3年で返済できませんか?等弁護士さんに相談して来る場合もありますが、そこは双方の話し合いですので、弁護士さんの腕が良ければ3年ではなく5年でお願いしますという具合に話が和解していきます。

 

 

特に一番任意整理が良い場合は、今の借金の返済額が毎月かなりきついけど、もっと支払いを減らして貰えるなら5年以内に払い込めるという場合は、任意整理の方が圧倒的に良いですし、もう一つは10年位取引をしてる場合。

 

 

この10年位利用してる借り入れ先があるなら、任意整理をする事で、法定金利に引き直した金利を今まで支払った金額で引くと払い過ぎてしまっているという場合があります。

 

 

この場合は過払い金の返還請求をし交渉が成立すれば、ほとんどの場合は返金されて来ますから、その返還金を弁護士さんの費用に充てたり、他の業者さんへの支払いに回す事だってできます。

 

 

この過払い金請求ができるというのは、任意整理のメリットでもあります。