任意整理 費用 相場

任意整理の費用の相場は?

任意整理の費用の相場を調べていくと着手金を含め金額に差がある事はもうすでにご存じだと思いますが、初回の相談が終わり、『では着手しましょう』となればこの着手金がまず必要になって来ます。

 

 

もちろん依頼する側としては、着手金含め、トータル的な費用が安い方がいいに決まってるのですが、そもそも弁護士さんに頼む際、過去の事例を見て幾らかかるときっちりは残念ながら分からないものなのです。

 

 

何故かというと、借金をしてる借入先も微妙に一人ずつ違いますし、スムーズに話が進みそうな借り入れ先や、ちょっとやっかいな借り入れ先等債務の状況というのが一人ずつ様々違うからです。

 

 

ですからトータル的な金額が単純に〇件で幾らという感じにきっちり出す事が難しいので、任意整理の費用の相場でしか把握するしかありません。

 

 

ただ、もちろん弁護士さんに相談した際、きっちりあなたの場合は幾らで着手しますという金額は提示して頂けます。

 

 

司法書士さんの場合も同じです。

 

 

着手する前に幾らかかりますという金額をきっちり教えて頂けます。

 

 

そして手続きを依頼する際、着手金無料というところもあります。

 

 

一見着手金が無料の所の場合、無料となるとグッと安い費用の様に感じますが、きちんとバランスがとられていて、着手金以外の手続き費用だったり、また成功報酬の比率のパーセンテージが高く定められている場合がほとんどです。

 

 

ですので、着手金が安い時は、その後の支払い金額が高いですし、着手金が高い時は、その後の手続き費用の支払いが安いので、あなたが注意して把握しないといけないのは、結局借金の問題が解決するには、弁護士さんに依頼して、手続きや交渉をしてもらって、一連の手続きが終わる迄トータルで幾らかかるのかを把握して、手続き費用が比較的安くて親身になって相談に乗ってくれる法律事務所を選ぶべきです。

 

 

その際、1件1件問い合わせをしてしまうと、他の弁護士事務所とそもそも価格を比べる目的で相談をしてみたのに、断りにくくなってみたり、1件1件相談して費用迄尋ねると時間もかかりますし、なかなか大変です。

 

 

そこで、非常に便利なシュミレーションがありまして、いくつかの質問に答えるだけで、匿名でトータル的な金額を含め弁護士さんにまとめて相談と金額等を含めた問い合わせができるシュミレーションがあります。

 

 

このシュミレーションをお使いになられる事で安い所がすぐに分かりますし、相談もできますから、どこが親身になって相談に応じてくれるのかもすぐに分かります。

 

 

このシュミレーションは、このサイトのこちらのページ上部の画像をクリックして頂く事でシュミレーションができますので、スグにシュミレーションをなさって、まずは複数の弁護士さんにあなたの状況を匿名で相談なさって金額等も含め、納得いくまで色々聞いてみて下さい。

 

 

任意整理の費用が高く払えない場合

個人再生や特定調停、自己破産とは違って、借り入れ先に弁護士さんに入ってもらって交渉して貰うので、かなり弁護士さんは大変なのですが、もちろん費用もそこそこかかりますが、メリットとしてはあなたの支払い金額が少なくなり、また1回の支払い金額も減るケースが多い事がメリットです。

 

 

また任意整理の場合は、いわゆる俗に言うブラックリストに載る期間も5年と短いです。