債務整理 費用 払えない

債務整理の費用を払えない場合どうなるのか?

弁護士さんや司法書士さんに債務整理の費用を払えない場合、どうなるのか気になるところですよね。

 

 

着手金を支払えない場合は、そもそも少し相談には乗って貰ったけど、まだ借り入れ先の業者さん達に一切連絡は入ってないですから、今までどうり借り入れ先からの取り立ては止まりません。

 

 

また着手して頂いて、着手金も支払っている場合、借り入れ先への通知はすぐに済みますので、借金の取り立ての電話や訪問は止まります。

 

 

この状態で、手続き費用の分割払いをしてる状態で延滞をしてしまうと、弁護士さんから督促が入ります。

 

 

電話だったり、郵送による封書やハガキだったりです。

 

 

たった1回の1日だけの延滞だけで、弁護士さんや司法書士さんが手続きを辞めてしまうという事は無いのですが、基本的に他の支払いも全部止まっていて、支払い先が弁護士さんだけという状態での分割は、せいぜい高くても4〜5万位ですから、他の支払いも無い、もしくは返済額が減ってるという状態であれば、頑張って支払うべきです。

 

 

この弁護士さんの手続き費用が、分割で約束をしてるのに払わないと結局、あなたがとても困る状況に追い込まれてしまいます。

 

 

弁護士さんに、そのまま払わないとどうなるかというと・・・

弁護士さんに債務整理の約束をして着手金を支払わなかった場合は上記に記載してるとおり、手続きが始まりません。

 

 

着手金も支払った後で、債務整理の費用を払えない時、どうなるのかというと、督促が入りますが、それでも督促の約束を守れない、支払いが履行されないという場合、弁護士さんは何度かの督促の後、辞任してしまいます。

 

 

そうなってしまうと最悪で、今まで支払った分の返金等はありませんし、今まで督促が止まっていた複数の借り入れ先の業者さんへ、債務整理の代理人を辞任しますという連絡が郵送等で連絡が入ります。

 

 

そうなると、借り入れ先の業者さんは取り立てを再度再開できますから、一気に取り立てが押し寄せます。

 

 

やはり弁護士さんが辞任してしまうと、一気に取り立てが沢山の業者さんから入るので、業者さん方もお金をなんとか返して欲しいので、必死に取り立てて来ます。

 

 

勤め先等も示談途中だった場合には分かってる場合が多いですから、場合によっては給料の差し押さえ等の手配をされてしまう事もありますから、今まで借金の返済を約束通り払えない事が過去にあったとしても、弁護士さんが辞任したりする事が絶対にない様、債務整理の費用を払えない事だけは無い様に、しっかり支払った方が良いです。

 

 

全ての支払いが基本的に止まっている訳ですから、今まで何十万円も借金の返済に回してた分が払わなくていいようになってる分、数万円を弁護士さんに支払うのは簡単なはずです。

 

 

しかし、本当にどうしても無理な時も、場合によってはあるかもしれません。

 

 

その場合は、弁護士さんに電話で連絡して、どうしても今支払え無くてという事を伝えて、次いつなら支払えるのかちゃんと約束をする事が重要です。

 

 

そして、一度約束をしたら、その約束は必ず守りましょう。

 

 

約束をしたのに、また入金されないという状況が何度も続いてしまうとやはり、いくら連絡がついても約束が履行されない事には、弁護士さんも流石に辞任してしまいます。